-

ショップで一切のクレジットカードが切れるのではありません。クレジットカードの加盟店舗は多くは二つ以上のクレジットカードサービスと契約しているんですが一切の加盟店で全部の所有クレジットカードが決済できるんではありません。一例をあげると古い商店のときにはJCBの付いているカードしか使用できないときもありますし、新しい店舗なんかではVISA、マスターといったロゴの入ったものだけしか決済不可なときもあるものです。ディスカバーなどのカード会社だったらよけいに使用不可な状況が増えるのではないでしょうか。どのブランドの所有クレジットカードが使えるかをいかに判断するといいのか?「それじゃどのようにしてどのような所有クレカが決済可能かというのを見たら良いのか?」という質問ですが正しく理解するのにはそこの店員にお見せしてみるのみ、ていうのが実のところ正しい答えです。とはいっても大部分の店舗や料亭にはお店の目につきやすいところとかに切れるクレカ会社のロゴが入っている加盟シールが掲示されていることから「なるほどこのお店ではアメックスが使えるのか」というのが分かりやすくなっているし心配しないようにしていただけると思います。とはいっても、きっちりと契約管理が出来ていないお店で決済する場合には、ロゴシールが掲載されているお店でも「ここではそのクレジットカードはご決済いただけません」などという回答をされてしまう状況もないともいえず、あたふたしてしまうこともなくもないですね。そこで、できる限り十分な数のショップで使えるようにしたいのならば異なるブランド(欧米圏のマーク)がプリントされた一般的なVISAカード、マスターカードJCB、ダイナーズアメックス、ライフカード、といったカードをいくつか財布に入れておくようにお勧めします(例:セゾンカードを持っているなら他方はアメックスがついているクレカを財布に入れておく等)。特に国内においては、VISAカード、MasterCard、JCBの3つの印が入っているクレカを常時財布に入れておけば、すべてのカード決済可能店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを渡す機会があります。クレジットカードを使って効率的にマイル取得を目指すためには、きっちりと万能に対応できるクレジットカードを使えるようにしておいて損はないでしょう。

Category

リンク